忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。
先にも書いたとおり、潔による自筆譜と、ミイによる筆写譜は、大抵はざっと見ればどちらかわかります。ただし、潔が「よそ行き」に清書した、丁寧に書いた譜と、ミイの筆写譜はとても似ていることがあるのです。

それでも、いくつか違いを確認するポイントがあります。ト音記号のクセ(潔は細長く、ミイは上の丸がやや大きく右側に飛び出す)、音符の書き方(潔は四分音符などの黒丸も細いことが多く、ミイは丸い)、特に八分音符の符尾のクセ(下に伸びる8分音符単音の、潔の符尾は直線的、ミイは曲線的)、そのほかひらがなの特徴、署名も結構参考になります。

今まで漠然と思っていたそのようなことを、今回閲覧に立ち合っていただいた木村直弘先生と話しながら、自分でも確認しつつ、「信時家に残っていた自筆スコア」(今回はコピーを持参)と「岩手大学のスコア」を見比べていきました。すると、なんと信時家の自筆スコアの不自然さ――自筆譜か筆写譜か判断がつかなかった――その原因がわかりました。

フルスコアの、楽譜中の歌詞(テキスト)の文字の筆跡はミイです。ソロ及び合唱のヴォーカル部分は、楽譜もミイによるものです。それに対して、声以外の、楽器の部分の楽譜は潔の筆跡だったのです。同じスコアを二人が、縦割り(小節線)ではなく横割り(パートごと)で分担していたのです。

譜を見ていると、潔の自筆譜(それもよそ行きに清書した風の筆跡)なのに、歌詞に目が行くと、ミイの字に見えるような気がしてくる。これは自筆譜と言っていいのか・・・という長年の疑問が、こうして解けました。

筆跡の謎が解けたあとに、疑問点として残っていること。それは、なぜ、この手書きスコアが「岩手」で見つかったのかという点です。 
(つづく)
PR
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]