忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。

久しぶりの記事追加となりました。
このところ追っていたBIGな話題を、少しづつ書いていこうと思います。

1年以上前のこと、「岩手大学の図書館に<海道東征>の自筆譜が飾ってあるが知っているか?」と聞かれたことがあります。その時は、雑事にまぎれてそのままになっていました。

が、1年後に再び、別の方から同様の問い合わせがあり、これは詳しく調べておいたほうが良いだろうと思い立ち、連絡をとりはじめました。

本家サイト「信時潔研究ガイド」のhttp://home.netyou.jp//ff/nobu/page039.html にも記事が載っている、盛岡の渡部精治先生より、岩手でも「海道東征」上演があったという情報、資料を頂いていました。昭和18年7月に、ピアノ伴奏で、第一章「高千穂」が歌われています。 (詳細は後日掲載) 盛岡と「海道東征」の接点とは・・・私が知っていたのはこれだけでした。
ピアノ伴奏であれば、すでに昭和15年8月に、共益商社書店から、ピアノヴォーカルスコアが出版されているので、「自筆」の管絃楽スコアが盛岡にある理由と結びつきそうにありません。

そこで、とにかく盛岡の「岩手大学」の図書館に、「海道東征」の”自筆譜”が展示してあるというのは本当か、何故岩手大学にそれが保管されているのか、問い合わせてみることにしました。質問を、同大学図書館あてに出したのは、今年の5月7日のことでした。

 (つづく)

PR
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]