忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。
6月28日(日)、盛岡に到着。岩手大学図書館での閲覧は月曜日にお願いしましたが、せっかく遠くまで行くので前日に盛岡に入り、町を一巡り。「海道東征」関係でも、見ておきたい場所がありました。岩手で海道東征が上演された「岩手県公会堂」です。
 
この岩手における上演の記録、当日の次第(プログラム)の類は、岩手大学内には残っていないそうで、私は、渡部精治先生から、卒業生のクラスが出した本に掲載された記事をいただきました。あとで書名を確認したところ、以下の本からの複製だそうです。
 
『卒業50周年記念誌<黙示>』(岩手師範昭和19年卒同期会、卒業50周年記念誌編集委員会 編・発行 1994.9)
 
関係部分を抜書しておきます。(旧字、漢数字は置き換えています)
 
岩手師範学校開校記念音楽演奏会曲目
      期日 昭和18年7月17日(土)午後7時開会
      会場 岩手県公会堂

演奏
第一部
  一 混声合唱   男・女 本科生
   (イ)君が代
   (ロ)海行かば

  (中略)

[第二部]
   九 混声合唱  男・女 本科生
    (イ)みたみわれ (大政翼賛会制定)
    (ロ)海道東征   (信時潔)
          第一楽(ママ)章  高千穂
             テノール独唱   男本三ノ一 藤沢章一郎
             バリトン独唱    同      遠藤勇蔵 
    
  (後略)
                             主催 岩手師範学校
 
  このプログラム掲載ページには、当日の混声合唱のステージ写真も載っています
  なお、この日の第三部では、東京音楽学校の千葉靜子がアルト独唱で平井保喜(のち康三郎)作曲「平城山」のほか、「君よ知るや南の国」「ハバネラ」を披露、星野すみれがピアノ独奏でショパン「即興幻想曲」、リスト「嵐」などを披露しています。
 
 -----というわけで、その盛岡初演の舞台となった「県立公会堂」に、行ってみました。 夕方 6時頃でしたので、受付は閉まっていました。
 
P1020142WEB.JPGこちらが正面玄関側。

設計者は、東京の日比谷公会堂や、早稲田大学の大隈講堂の設計で知られる佐藤功一博士。 なんと、岩手県公会堂は日比谷公会堂(「海道東征」全曲初演が行われたホール)より2年早く完成したそうです。

たしかに日比谷公会堂に似ていました。

P1020138web.JPG こちらがホール入り口。

本当はホール内も見てみたかったのですが、叶いませんでした。もっとも、ホール客席やステージは、戦時中とは変わっていることでしょう。

そして、この翌日、岩手大学で「海道東征」手書き譜と対面します。

(つづく)
PR
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]