忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年10月24日(土)、15時より、木下記念スタジオ(代々木上原駅徒歩3分)で、信時潔没後50年を記念してコンサートが開催されます。

東京音楽学校本科作曲部が出来てから最初の生徒だった柏木俊夫の作品と、信時作品が演奏されます。会場は沙羅などを全曲初演し、また海道東征を指揮した声楽家・木下保の旧宅、かつてのレッスン室。

小林仁(ピアニスト、東京藝術大学名誉教授)、柏木成豪(柏木俊夫子息)と、私・信時裕子の対談も予定されています。

信時作品演奏は「小倉百人一首より」「絃楽四部合奏」

座席数が限られていますので、事前に予約が必要です。

詳細はちらしをご覧ください。
http://home.netyou.jp/ff/nobu/2015KihoshitaS.pdf
PR
土岐善麿作詞、信時潔作曲「われらの日本」(新憲法施行記念国民歌)をYOUTUBEにアップしたというご連絡をいただきました。

コーラス入りとカラオケ版があります。

案内ページ

コーラス入り

カラオケ版

信時潔著「作曲五人会の門出に寄せて」(1964.12.4 第1回「作曲五人展」プログラム)全文が、以下のサイトで紹介されています。

(Salidaのページです)
http://salida1.web.fc2.com/sakyokugoninkainituite.html

益子九郎編作曲「海ゆかば敷衍曲」は、おそらく

昭和18年(1943)5月22日
東京音楽学校第百回定期演奏会

が初演だと思われます。

合唱附管絃楽 
「海行かば」敷衍曲 益子九郎編作
指揮木下保
合唱東京音楽学校生徒
管絃楽東京音楽学校管絃楽部

その後、

昭和18年6月12日
山本元帥讃仰演奏会


昭和18年11月14日
東京音楽学校報国団第百五十回記念演奏会

昭和18年11月15日
出陣学徒壮行演奏会

と、計4回の演奏が確認できます。

この楽譜の所在を聞かれたことがあるのですが、スコアが残っていません。
芸大図書館にパート譜49部(手稿譜)が残っているのですが
 http://opac.lib.geidai.ac.jp/cgi-bin/opc/opaclinki.cgi?ncid=XB00046730
欠けているパートがあり、そのまま再演するのは難しい状況です。


参考:益子九郎についてはこちらにまとめています
http://home.netyou.jp/ff/nobu/page049.html




信時潔の門下生、弟子たち、信時楽派・・・などと書かれますが、「信時門下生名簿」のようなものがあるわけでなく、「信時に師事した」と公言している方の名前を拾っているに過ぎません。中には、作品を見てもらったことが(数回)あるとか、あるいは、学校では和声の授業をとった程度だが、いろいろな意味で影響を受けた、ということで「師・信時潔」と書いている方もあるようです。

先日、信時門下で終戦直前に亡くなった鬼頭恭一さんのテレビ番組を見た、という話を聞いたのですが、私は初めて聞く名前でした。

鬼頭恭一さんについて、加えてその最近の報道については以下のサイトにまとめられていました。
------------------------------------------------------
   日本の作曲家たち/ 10  鬼頭恭一 
   (岡崎隆さん制作のページです)
    http://www.medias.ne.jp/~pas/kitou2.html
------------------------------------------------------

東京音楽学校を卒業していないので、同窓会(同声会)名簿には載っていないのですが、以下の記事で、大中恩先生と同期で、信時門下だったことが確認できました。

  『同声会報』No.17 (東京藝術大学音楽学部同声会)
  http://doseikai.jp/issue/pdf/017.pdf

  p.12~ 「大中恩先生が語る東京音楽学校時代/澤野立次郎」



以前「兵庫県民歌の謎」という記事を書きましたが
http://noblogblog.blog.shinobi.jp/Entry/165/
その後の情報を二つ書き留めておきます。

布く新憲法 ゆくては明かるし…幻の兵庫県民歌
『神戸新聞』
2015/1/1 

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201501/0007625977.shtml


【追跡・消えた『兵庫県民歌』】
存在しないはずの楽譜が県立図書館に──新たに浮上した3つの謎
http://news.ameba.jp/20150813-975/
2015年08月13日 提供:ガジェット通信



信時潔関連新聞記事等を整理中です。

「同心会」の名前は、『信時潔音楽随想集:バッハに非ず』の巻末の解説を書いた時にも目にしていますが、こんな記事を見つけたのでメモしておきます。

--------------------------------------------------

--「世界」という命名は、谷川徹三さんと聞いていますけれども。

緑川 同心会の席で、いろいろな意見が出た中で「世界」を谷川さんが提案して、「音としても非常にいい」と作曲家の信時潔さんが言ったというのです。それで「世界」と名前がつくんです。戦争を経験したなかで、文化をもっと国民大衆にしっかりと根付いたものにしなければいけないという、岩波茂雄の熱意こそが、総合雑誌「世界」を生んだといえます。

 毎日新聞 1995年4月16日 朝刊 21面

 岩波書店と文藝春秋1 「世界」創刊のころ--岩波書店相談役・緑川氏に聞く  より
--------------------------------------------------

11月28日、15時開演の演奏会 東京藝術大学「海道東征」の当日、下記のシンポジウム、および展示があります。いずれも入場無料です。

█ 信時 潔 没後50 周年記念プロジェクト
◆シンポジウム《 海道東征》とその周辺─ 信時潔 没後50年の地点から考える ─

日 時:2015年11月28日(土) 11:30~( 11:00開場)

会 場:東京藝術大学 第6ホール [音楽学部構内] 入場料:無料

パネリスト:
信時 裕子(東京藝術大学附属図書館信時科研プロジェクト研究協力者)
片山 杜秀(慶應義塾大学法学部教授)
橋本 久美子(東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター大学史史料室特任助教)
コーディネーター:大角 欣矢(東京藝術大学音楽学部楽理科教授)

◆東京藝術大学附属図書館貴重資料展  
   東京音楽学校初演から75年:《海道東征》展

 信時潔《海道東征》自筆楽譜などの展示

会 期:2015年11月17日(火)~12月14日(月) ※日曜祝日休館

開館時間:9:00~20:00(土曜は17:00まで)

会 場: 東京藝術大学附属図書館2階目録室  入場料:無料

※《海道東征》自筆楽譜は、演奏会当日のみ上記の場所ではなく、奏楽堂ホワイエにて展示予定(ご観覧にはチケットが必要です)

詳細はこちら 
  http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/34455.html
       (↑案内ちらしのPDFもあります)

 

洋楽文化史研究会第82回例会:信時潔と東京音楽学校―信時潔文庫整理の過程で見えてきたもの

日時:2015年7月18日(土)14:00~
発表者:大角欣矢、信時裕子、石田桜子
会場:東京藝術大学音楽学部 5-407教室
(http://www.geidai.ac.jp/access/ueno)

大角欣矢
・科研プロジェクト「信時潔に関する基礎的研究」の概要
・明治・大正期における「国楽創成」のコンテクストから信時潔の初期の創作を見直す
信時裕子
・信時潔と東京音楽学校
・信時文庫資料整理の概要
石田桜子
・未整理資料群「『古い原稿』フォルダ」から—その概要と未発表作品について

7月6日、日本演奏連盟50周年記念の演奏会で、信時作品が演奏されました。
ほぼ満席の客席のお客様は、演奏連盟ならではの歌曲名手の演奏を堪能。
ことに三原剛バリトン「沙羅」にはブラヴォーの声も多数上がりました。
私が今までに聴いた「沙羅」でベストに入れていいほど感銘を受けました。

--------------------------------------
2015年7月6日(月)
サントリーホールブルーローズ

公益社団法人日本演奏連盟創立50周年記念事業<演奏家と邦人作曲家シリーズ>
第一夜「山田耕筰」と「信時潔」没後50年記念
~明治、大正、昭和 激動の時代を生きた日本音楽界の2大巨匠特集~

企画・構成 伊藤京子

信時作品演奏

小曲五章 与謝野晶子詩
   ソプラノ:松本美和子 ピアノ:谷池重紬子

小曲集より 
 つなで ばらの木 幻滅 北原白秋詩
 わすれな草 上田敏訳詩
 野火 作詩者不詳
   バリトン:大島幾雄 ピアノ:谷池重紬子

ピアノ組曲《木の葉集》より
 1.序曲:楽想乱舞 口笛 2.口笛 3.わびしきジャズ 5.子守唄 7.港の灯
 8.人形の踊 11.横笛 15 行進曲
   ピアノ:花岡千春

歌曲集《沙羅》 清水重道作詩
   バリトン:三原剛 ピアノ:花岡千春


プログラムノート第一夜 執筆:後藤暢子






明治学院コンサートで信時潔「絃楽四部合奏」が演奏されます。

2015 年8月8日(土)15:00 開演 (14:30開場)

明治学院コンサート・シリーズ 第74回 ≪日本近代音楽館によせて・6≫

明治学院大学 白金キャンパス アートホール
入場無料 (一般の方々・学生、どなたにも開かれています。)
主催:国際学部 半澤朝彦
曲目
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲 第1番
平井康三郎/無伴奏ヴァイオリンの「3つの奇想曲」
信時潔/「絃楽四部合奏」
ヴォルフ/「イタリアン・セレナーデ」
安部幸明/弦楽四重奏曲 第7番

vn印田千裕 竹内弦 va柘植藍子 vc半澤朝彦

http://fis.meijigakuin.ac.jp/ks-j/archives/9725
東京音楽学校による初演から75年、東京藝術大学が「海道東征」を再演します。演奏会のほか、当日午前中にはシンポジウム(入場無料)を開催。また芸大図書館内での関連資料展示も準備しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
東京藝術大学 信時潔没後50周年記念「海道東征」 
2015.11.28(土) 15:00開演
会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内) 台東区上野公園12-8
入場料:3,000円 (全席自由)

信時作品演奏
    Kinder Trio (初演) vn, vc, pf
    我国と音楽との関係を思ひて(小山作之助遺作歌)
    絃楽四部合奏(弦楽オーケストラ版)
    交声曲「海道東征」
演奏 指揮: 湯浅卓雄
管弦楽: 東京藝大シンフォニーオーケストラ
ソリスト: 
ピアノ:迫昭嘉、ヴァイオリン:松原勝也、チェロ:河野文昭
ソプラノ:菅英三子・平松英子/アルト:永井和子・寺谷千枝子/テノール:永田峰雄/バリトン:甲斐栄次郎・福島明也 合唱:東京藝術大学音楽学部声楽科学生(合唱指揮:阿部純)、NHK児童合唱団
*演奏会冒頭に、片山杜秀(聞き手 大角欣矢)による演奏楽曲等についての
 お話しがあります。
*演奏はライブ録音され、後日NAXOSより「日本作曲家撰輯」としてCD発売予定。


追記:東京藝術大学奏楽堂の演奏会情報はこちらです
http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/34455.html
 
信時潔が作曲した校歌、社歌•団体歌には土井晩翠作詞のものが28ほどあります。
『晩翠先生校歌集』(黒川利雄 1967)に載っていないものが半数以上あり気になっていました。
同書の追補版や個人が編集した一覧などもあるらしいのですが、近くの図書館では閲覧できないため、仙台文学館で調査してきました。

同校歌集の追補版は『晩翠先生と夫人 : 資料と思出』(黒川利雄 1971)に載っていますが、数はそれほど多くはありません。

仙台文学館http://www.sendai-lit.jp/所蔵資料目録の「その他」で「ドイバンスイ」を検索して出てくるのが次の二点です。

1)土井晩翠作詞校歌学校一覧 2007年 改訂Ⅴ (横田英司 2007.7) 
   ※前の版もあり

2)晩翠校歌集 / 土井晩翠[著] ; 岡崎匠吾編 改版 (岡崎匠吾 2006.9)
ーーーーー
1)は校歌のリストで、収録曲数は293曲
2)は、判明している晩翠作詞の歌詞集です。収録曲数は264曲(一部歌詞不明等もあり)

1)は私がリストアップした信時作品が含まれていましたが、作詞作曲者はありましたが、おそらく私のホームページなどからデータを作成したものらしく、それ以上の情報にはたどり着けませんでした。

信時作曲リストに載っていない校歌も見つかって、これから信時側の資料と照らし合わせて詳しく調査します。
晩翠は仙台空襲で家も蔵書の大部分も失ったため、校歌の情報は晩翠の手元にはなく後から追って調べたものだそうです。著名な詩人なのになかなか作詞した校歌の全貌がわからないのはそういった事情によるもの、という事が現地を訪ねて実感出来ました。

晩翠草堂では、展示品と晩翠の生涯の解説を詳しくしていただいて、とても良かったです。

PS 写真資料の寄贈者に外山雄三さんのお名前があったので伺ったところ、ご親戚にあたるそうです。



『寮歌は生きている』(東京 : 旧制高校寮歌保存会 , 1972.6

 http://opac.lib.geidai.ac.jp/cgi-bin/opc/opaclinki.cgi?ncid=BN05812337

 に掲載されている静岡高等学校応援歌(大正14年)は、信時潔作曲とありますが、これは信時の作品ではなく、梁田貞作曲の大正13年の応援歌であることがわかりました。

 静岡大学附属図書館に保存されている『定本寮歌集 : 創立七十周年記念』

http://www.lib.shizuoka.ac.jp/opacid/BB1857612X

 で確認したところ、静岡高等学校応援歌は毎年のように新しいものが作られていたようで複数あるようです。

 正しくは以下の通りです。

----------------------
静岡高等学校 応援歌(大正13年)

 葛原しげる作詞  
    ※しげるの漢字はWikipediaの葛原しげる
参照
 梁田貞作曲
 冒頭歌詞:東西南北に連る連山を

----------------------
静岡高等学校 応援歌(大正14年)

 高野辰之作詞
 信時潔作曲
 冒頭歌詞:ララララララ 起てよ選手
----------------------


 
オーケストラ・ニッポニカの「一九五八年の交響作品撰」を聴いてきました。
http://www.nipponica.jp/concert/img/concert20150517_1_b.jpg

信時潔に少し関係するところだけ書きます。

三善晃の「交響的変容」はパリ留学中にデッサンをはじめて、帰国後に完成したとのこと。
信時家に三善晃の帰国報告ハガキがあったのを思い出しました。

 帰国しました。 
 またどうか、色々お教え下さいますよう、
 お願い申し上げます。 
             三善 晃

ただ、それだけで、留学中の詳細は何も書かれていません。
いったい三善晃の留学前に、どのような言葉が
交わされていたのでしょう。
具体的な作曲のアドバイスなどではなく、
フランスで、こんなことを見ていらっしゃい、聴いていらっしゃい、
などという話をしていたような気がしますが、
実際どうだったのかは、よくわかりません。
非常に期待する作曲家であったことは確かです。

信時潔はおそらく「交響的変容」の放送を聴いたでしょう。
感想や激励の言葉を書き送ったかもしれません。

今日最後に演奏されたのは、矢代秋雄「交響曲」。
日本近代音楽館の『矢代秋雄展』(1998年)には
信時が矢代作品を聴いて書いた矢代宛葉書が展示されていました。
矢代もまた、信時が期待していた才能でした。

とある文献目録から、信時潔が何かを書いてあるということがわかり
『玄想』という雑誌の1巻2号(昭和22年5月号)「反射能」という記事を確認しました。

一番大事なもの―若し貴方が筍生活を余儀なくせられるやうな場合、これだけはどうしても最後まで失ひたくないといふものが、きっとお有りだと思ひますが・・・

という問いかけに、文学博士、大学教授、侯爵、漫画家、作家など、著名人が答えています。

さて、作曲家 信時潔の答えは?









ナシ。

.....でした。


信時潔作曲、校歌・社歌・団体歌一覧 2015改訂版が、ようやく仕上がり、ウェブサイトにアップしました。

2012年のコンサートのプログラム冊子に印刷版を出して以来、ウェブサイト上のリスト更新はストップしていました。この3年の間、学校統廃合、市町村合併も進みましたが、各学校のウェブサイトが充実して、校歌を掲載している学校が増えたため、今も歌っていることが新たにわかった学校は30余りありました。

校歌・社歌・団体歌一覧の改訂版を見るには、信時潔研究ガイド http://home.netyou.jp/ff/nobu/ を開き、左側のインデックスから「校歌・社歌・団体歌」を選んでください。

「校歌」「社歌・団体歌」の一覧はPDF版です。コントロールキーを押しながら「F」キーを押すとページ内の文字検索ができます。

『音楽学』第60巻2号に、昨年11月の日本音楽学会第65回全国大会の研究発表要旨が載っています。

 パネル1 Composer Begins―信時潔の最初期の活動とその背景  

 コーディネーター 大角欣矢  パネリスト 信時裕子、花岡千春、片山杜秀


田村祥蔵著「仙人と呼ばれた男⑥」が出ました。『清春』第44号。熊谷守一が千早町の家(現在の豊島区立熊谷守一美術館の場所)に移った頃からの様子がよくわかります。信時潔もほぼ毎週足を運んでいたようです。
昭和11年、守一と信時は連れ立って守一の故郷付知を旅した。その時生まれたのが有名な「雨乞山」だそうです。
信時潔作曲、校歌団体歌情報ページ更新準備中です。追加訂正情報がございましたら情報提供お願い致します。特に学校名変遷、市町村合併等。
校歌 http://t.co/2spZxWH60T
団体歌 http://t.co/BxENaYqArd
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成』の刊行から6年あまりが過ぎました。

DISC5-20に入っている「やすくにの」(大江一二三作歌、信時潔作曲)の解説(p.107)では「調査によって今回初めて金属原盤の所在が明らかになったが、SPレコードは未確認」としていましたが、レコード盤の存在が確認されたと、郡修彦氏(同CD集の企画・構成・復刻担当)から連絡が入りました。

ニッチクAK-776(配付:1943年10月)。部内用に極少枚数作られたものだそうです。

日本近代音楽館編『明治の作曲家たち』日本近代音楽館, 2003.10
という資料があって、私も時々自分の調べものやレファレンスで使っています。

NDL-OPAC  http://id.ndl.go.jp/bib/000007632927
CiNii-Books  http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA64491959

目録に内容注記がないので、自分のおぼえ用を兼ねて、内容を以下に書いておきます。
ただし、刊行から年数が経ってますので、最新研究情報はほかで補ってください。

目次には「本冊子は明治期の作曲家26名のプロフィール集である」とあります。

林廣守 はやし・ひろもり p.3
東儀季
熈 とうぎ・すえなが p.4
東儀季芳 とうぎ・すえよし p.5
芝葛鎭 しば・ふじつね p.6-7
伊澤修二 いさわ・しゅうじ p.8-9
上眞行 うえ・さねみち p.10-11
シャルル・ルルー Charles Edouard Gabriel Leroux p.12-13
フランツ・エッケルト Franz Eckert  p.14-15
古矢弘政 ふるや・ひろまさ p.16-17
奥好義 おく・よしいさ  p.18-19
四竈訥治  しかま・とつじ p.20-21
小山作之助 こやま・さくのすけ p.22-23
永井建子 ながい・けんし p.24-25
納所辨次郎 のうしょ・べんじろう p.26-27
鈴木米次郎 すずき・よねじろう  p.28-29
瀬戸口藤吉 せとぐち・とうきち  p.30-31
東儀鐡笛 とうぎ・てってき  p.32-33
多梅稚 おおの・うめわか p.34-35
山田源一郎 やまだ・げんいちろう p.36-37
幸田延 こうだ・のぶ  p.38-39
北村季晴 きたむら・すえはる  p.40-41
田村虎藏 たむら・とらぞう p.42-43
岡野貞一 おかの・ていいち p.44-45
瀧廉太郎 たき・れんたろう p.46-47
三善和氣 みよし・かずおき p.48-49
小松耕輔 こまつ・こうすけ p.50-51

以上







元日の午前11時00分~11時50分、NHK-FM、塚田佳男先生の番組「にっぽんの歌 こころの歌」で、信時作品が放送されました。

番組サイトによる演奏曲目情報に、参考情報のリンクを追加しました。

「“小倉百人一首より”から“月見れば”」 
大江千里・作歌、信時潔・作曲(1分15秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男

「“小倉百人一首より”から“久方の”」 
紀友則・作歌、信時潔・作曲(0分55秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男

「“小倉百人一首より”から“花の色は”」 
小野小町・作歌、信時潔・作曲(1分30秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男

「“小倉百人一首より”から“淡路島”」 
源兼昌・作歌、信時潔・作曲(1分35秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男

「“小倉百人一首より”から“逢うことの”」 
中納言朝忠・作歌、信時潔・作曲(1分25秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男

「“小倉百人一首より”から“人はいさ”」 
紀貫之・作歌、信時潔・作曲(1分30秒)
(ソプラノ)青山恵子(ピアノ)塚田佳男
~東京・音楽の友ホールで収録~ 
(2000年1月26日)

「“紀の国の歌”から“和歌の浦に”」 
山部赤人・作歌、信時潔・作曲(2分50秒)
(指揮)畑中良輔(ピアノ)塚田佳男
(女声合唱)リラ・アンサンブル

「“紀の国の歌”から“巨勢山の”」 
坂門人足・作歌、信時潔・作曲(2分25秒)
(指揮)畑中良輔(ピアノ)塚田佳男
(女声合唱)リラ・アンサンブル

「“紀の国の歌”から“くるしくも”」 
長忌寸奥麿・作歌、信時潔・作曲(1分35秒)
(指揮)畑中良輔(ピアノ)塚田佳男
(女声合唱)リラ・アンサンブル

「“紀の国の歌”から“三熊野の”」 
柿本人麿・作歌、信時潔・作曲(2分30秒)
(指揮)畑中良輔(ピアノ)塚田佳男
(女声合唱)リラ・アンサンブル
~東京・音楽の友ホールで収録~ 
(2010年4月14日)

「“小品集”から“わすれな草”」 
ウィルヘルム・アーレント作詞、信時潔・作曲(1分47秒)
(ソプラノ)大貫裕子
(ピアノ)塚田佳男

「幻滅」 北原白秋・作詞、信時潔・作曲(2分01秒)
(ソプラノ)大貫裕子
(ピアノ)塚田佳男

「をみな子よ」 北原白秋・作詞、信時潔・作曲
(1分10秒)
(ソプラノ)大貫裕子
(ピアノ)塚田佳男

「ばらの木」 北原白秋・作詞、信時潔・作曲
(0分47秒)
(ソプラノ)大貫裕子
(ピアノ)塚田佳男

「つなで」 北原白秋・作詞、信時潔・作曲(1分04秒)
(ソプラノ)大貫裕子
(ピアノ)塚田佳男

「歌曲集“沙羅”から“丹澤”」 清水重道・作詞、信時潔・作曲(3分50秒)
(バリトン)竹澤嘉明
(ピアノ)塚田佳男
OCD-0510

「歌曲集“沙羅”から“北秋の”」清水重道・作詞、信時潔・作曲(1分50秒)
(バリトン)竹澤嘉明
(ピアノ)塚田佳男
OCD-0510

「歌曲集“沙羅”から“鴉”」 清水重道・作詞、信時潔・作曲(1分15秒)
(バリトン)竹澤嘉明
(ピアノ)塚田佳男
OCD-0510

「歌曲集“沙羅”から“行々子”」清水重道・作詞、信時潔・作曲(1分30秒)
(バリトン)竹澤嘉明
(ピアノ)塚田佳男
OCD-0510

「やまとには」 舒明天皇・作歌、信時潔・作曲(5分50秒)
(指揮)遠藤磯雄
(合唱)明治大学混声合唱団
KR-7066
慶應義塾塾歌のCDの発売予告メールが届きました。

CDのタイトルは『慶應の歌』
「昭和30年代に、猛練習に明け暮れていた、男声合唱による貴重音源。
初めてのCD化となりますが、青春の息吹まで感じとれるすばらしいものです。
ボーナストラックには昭和40年代のステレオ録音による名演奏
そして藤山一郎、伊藤久男、霧島 昇による歌唱も特別収録です。
ジャケットも当時のLPデザインを復刻しております。」
とのこと。

発売予定日は2015年2月18日。

こちらは学習院院歌の周辺について、まとめられた論文です。
千葉糺「院歌の周辺―安倍能成 信時潔 岩波茂雄 頭山満」
『学習院高等科紀要』第12号 p.220-248
前のページ      次のページ
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]