忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。
ほかではあまり書かれていないことなので、ここに書き留めておきます。

雑誌『音楽教育』の5巻4号(1943年4月号)に、白井保男著「我国楽譜印刷の過程」という記事(p.48~52)があります。著者は共益商社書店社長。明治14年の『小学唱歌集』初編に始まる木版印刷時代から、楽譜版下の誕生、セラチン凸版時代、石版時代及び亜鉛凸版時代、オフセット時代と現在(=昭和18年)までの概要が書かれています。
その最後に、ドイツ(リヒャルト・シュトラウス)、イタリア(ピッツェッティ)、フランス(イベール)、ハンガリー(ヴェレッシュ)各国から寄せられた紀元二千六百年奉祝楽曲のオーケストラスコア「全4冊 総頁550ページといふ膨大なもの」と共に、「近く刊行されます信時潔氏の「海道東征」スコア150頁」は、「近代の我国楽譜印刷の精華を証左するものでありましょう。」とあります。
確かに、日本人の作曲家の、演奏時間一時間にも及ぶオーケストラ・スコアは、ほかにあまり例が無く、7枚組みSPレコードと同様、印刷楽譜としても、画期的なものであったのかもしれません。
「海道東征」の、ピアノ・ヴォーカルスコアは、昭和15年11月の初演以前の8月(おそらく合唱団の練習開始の頃)に発行され、翌年6月再版。管絃楽総譜(フルスコア)は昭和18年10月に発行されています。
PR
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]