忍者ブログ
の・ぶ・ろぐ   ・・・・・・・・・・  作曲家・信時潔の人と作品に関する最新ニュースや、日々思いついたことなどを書いています。
新保祐司著『信時潔』(構想社)の表紙に載っているこのピアノは、スタインウェイのアップライトピアノ。 決して上手いピアノ弾きではなかったが、このピアノは大変気に入っていたらしい。

私が子供の頃、ピアノを習い始めるときに、横浜・元町の大塚ピアノに、アップライト・ピアノを選びに行ったそうだ。店に並ぶピアノから、一番良いのを選んでくれた時に、「おれのシュタインウエイにはおよばないけどな」と笑っていたとか。

そのスタインウェイのアップライトピアノは、知人の清野主(きよの・つかさ)さんから贈られたもの、と伝わっている。清野氏はアメリカで椿の栽培で成功した方で、長くアメリカにいたが、戦争が激しくなった頃、日本に戻った、などと断片的に伝え聞いていた。たぶん大阪・市岡中学の同級生ではないか、とのことで、それ以上詳しいことがわからなかった。

改めて調べてみたところ、どうも以下のページにある「ツバキ・キング」氏らしい。

http://www.discovernikkei.org/ja/journal/2015/10/30/beikoku-31/

市岡の同窓では?という件については、上記リンク先の記事に「大阪の岸和田中学を卒業後、単身渡米しテキサスに行き」とあり、市岡ではないようだ。

ツバキで成功した人だとしても、スタインウェイのピアノをプレゼントするというのは、どういう知人なのか。大阪の教会関係?あるいは清野氏の父は岡山の医師とのことなので、実父・吉岡弘毅のつながりか。(吉岡弘毅の父・吉岡有隣は岡山県・福渡に住む医師だった)

譲りうけた時期も正確には把握できていない。上記ページに「日米開戦の少し前に日本を訪れていた清野は帰国の道を閉ざされ、財産も没収された」とある「帰国」の後だとは思えないのでおそらく「前」だろうが・・・未だに判断できないでいる。

なお、元町の大塚ピアノで、祖父・潔に選んでもらった私のアップライトピアノは、我が家で持ちきれなくなって困っていたときに、ちょうど小石川図書館の「図書館を利用する音楽家の会」http://www.za.em-net.ne.jp/~toonkai/ が、ピアノを募集していたので引き取ってもらったのだった。(どのように使ってもらっても、処分されても、構わないということでお渡しした)
PR
*-*-*-*-*
CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成
tenkai-web.jpg






企画・構成・復刻:郡 修彦
構成・解説:信時裕子
CD6枚組、別冊解説書
(B5変形判 全144頁)
15,750円(税抜15,000円)
ブログ内検索
プロフィール&連絡先
「信時潔研究ガイド」主宰者  プロフィール   


カウンター
on-twitter
amazon
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   No-b-log   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]